披露宴の料理を選ぶポイントとは?

ゲストに満足してもらえる婚礼料理を選びたい!

まずは予算を考えよう

はじめに何を考えるべきかと言うと、やはり予算は外せないですよね。
結婚式全体の予算においても、料理にかかる費用が占める部分が大きいためです。
平均的には全体の3分の1を占めるほどの費用になると言われています。
そのため予算についてきちんと相談しておいて、それをもとに料理のだいたいのボリュームについて考えていきましょう。
金額によって料理の品数や内容も変わってきます。

また、披露宴の料理にかける予算について、2人で明確に決めておくことが大切な理由はほかにもあります。
ゲストのためにと料理について検討していくと、ついついあれもこれもとオプションをつけてしまいがちだからです。
はじめに決めた予算内に収められるように相談していきましょうね。

ボリュームはどんなもの?

ゲスト1人あたりの料理の費用については、1~2万円が相場だと言われています。
その費用によって品数が変わってきます。
フランス料理、和食などのコース料理では、だいたい8~9品が一般的です。
適量を用意できるのがベストですが、様々な年齢層のゲストがいるとすり合わせるのはなかなか難しいものです。
できれば、ボリュームが少ないよりかは多めにしておいたほうが、ゲストの満足感は得られやすいでしょう。

式場で提案される基本のコースではボリュームが少なそうであれば、予算の範囲内で別のコースに変更したり品数を増やしたりしましょう。
新郎新婦の2人ならではの、思い出の料理や地元食材を用いた特別メニューを取り入れるのも人気がありますよ。


この記事をシェアする
TOPへ戻る