披露宴の料理を選ぶポイントとは?

ゲストへの気配りを大切にしよう

参列者の満足感を考えよう!

どういった料理にするのか、量はどれほどなのか、見た目の華やかさはあるのかなど、ここまでにたくさんゲストのことを考えてきたことでしょう。
きっと料理への満足感にもつながり、新郎新婦のおもてなしの気持ちが伝わるはずです。
そしてさらに、そのようなゲストの満足感だけでなく、細やかな気配りも忘れず行いたいところです。

基本的な事項がすべて決まったら、その他に特別な配慮が必要なゲストの有無について確認しておきましょう。
たとえば年配の方や幼い子どもがいる場合には、料理の内容について配慮が必要なこともあるでしょう。
その他、食物アレルギーの有無などもとても重要ですよね。
特別メニューについては、ウェディングプランナーや式場の担当者に相談しましょう。

最終チェックも忘れないで!

試食会で、披露宴当日に提供される料理を食べてみるというのはとても大切です。
最終判断の材料として、実際に目で見て・食べてみるというのが大事です。
試食会であっても、当日と全く同じ料理を出してくれるので、ボリューム感や味を確かめましょう。
さらに、見た目の美しさも要チェックです。
盛り付けはだけでなく、使用されている食器なども確認しておきましょう。

可能であれば、予算内で選べる範囲の、料金が異なる2つのコースを試食してみるのがおすすめです。
違ったタイプのものを比較検討したほうが、スムーズに決めやすいという面もありますよ。
また、両親も一緒に参加できる試食会もあるので、違う年齢層の方の意見として参考にするのも良いかもしれませんね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る